BLOG ブログ

古いパソコンをリニューアルしよう

古いパソコンをリニューアルしよう

動作が遅いパソコンを捨てる前に新たに再生が可能です

動作が重くて役に立たないパソコンを捨てよう考えている方は、
捨てる前に、OS(基本ソフト)を「CloudReady(クラウドレディー)」に上書きすることをおすすめします。

「CloudReady」はシステム要件が低いため、Windows10では動かない(動作が思い)
古いパソコンでも快適に動作します。

パソコンにインストールして利用できますが、まずはUSBメモリ
にインストールして動作を体感してみてください。

古いパソコンを「CloudReady」で快適な動作へ再生

スペックの低いパソコンでWindows10を利用している方は、1つ1つの動作が遅いため、ストレスを感じている方が多いと思います。
このような方におすすめなのがCloudReady(クラウドレディ)を利用する方法です。

CloudReady(クラウドレディ)は、2020年12月にGoogleが買収した米Neverwareの提供するOSです。
Chromebookに搭載されたChromeOSと同じ、オープンソースの「Chromium OS」をベースに開発されています。
※近い将来、Chrome OSとCloudReadyの統合も正式発表されています。

CloudReadyはシステム要件が低いため、Windows10では動かない(動作が遅い)古いパソコンでも、快適に動作します。
パソコンにインストールして利用できますが、まずはUSBメモリにインストールして起動してみましょう。

CloudReadyをUSBにインストールする方法

①Neverwareの公式サイトを開きます。
②CloudReadyの無料版(ホームエディション)のインストール画面が表示されます。
③[ホームエディションをインストールする]をクリックし、CloudReadyのインストーラーをダウンロードします。
④USBメモリ(16GB以上)をパソコンに挿します。
 ※データ転送速度の速いUSB3.0規格のUSBメモリを推奨
⑤CloudReadyのインストーラーを起動し、USBメモリにインストールします。
 ※USBメモリへのインストールは20分程かかります。
⑥BIOS画面を開き、ブートメニューから一時的にUSBメモリを優先する設定に変更します。
⑦設定が完了すると、USBメモリからCloudReadyが起動し、起動画面が表示されます。
 ※CloudReadyの初期設定(5分程)を済ませることで、すぐに利用できます。