BLOG ブログ

事務職で必要なパソコンスキルとは?

事務職で必要なパソコンスキルとは?

事務職で必要なパソコンスキルとは?

日々パソコンを使った業務を行う事務職での「パソコンスキル」とは、具体的にどのような操作をどこまでできればよいかわからず、応募の際に迷う人もいるのではないでしょうか。

具体的な仕事内容は?

基本的な文字入力だけでなく、wordやExcel等についてある程度スキルを求められる場合が多くなります。
特にExcelは仕事上での用途が広いため、企業により様々な使い方がされています。
企業側も具体的な作業内容は入社後に教える前提ではありますが、スムーズに教えてもらえるよう基本的な操作ができるスキルは必須となります。

基本的なパソコンスキル

●Word(ワード)
文書作成するソフトのWordは、文字入力ができることはもちろん、見やすくわかりやすい資料を作成するための操作が求められます。
文字の種類・サイズ・色を使い分けたり、均等割り付けなどで配置を調整したりするほか、表や画像の挿入などのスキルも必要があります。

●Excel(エクセル)
表計算ソフトのExcelも、よく使用されるものです。
表やグラフの作成、四則演算、SUM関数やAVERAGE関数といった簡単な関数が基本レベルとして求められます。
さらに、VLOOKUP関数やIF関数などの操作やマクロの作成ができると、より高度な仕事ができるようになり便利です。

●PowerPoint(パワーポイント)
プレゼンテーション用のスライドなどで使用されることが多いPowerPointも使う可能性のあるソフトです。
資料作成などに活用できるようにしておくと便利でしょう。

●その他メールなど
他にも、インターネットを使用した情報収集やメールの送受信もできる必要があります。
メールは、ファイル添付やタイトルの付け方や文章の使い方など、ビジネスメールのマナーを踏まえたメール作成ができれば問題ないでしょう。

パソコンスキルを身につける方法は?

◆入門書や動画などを活用
WordやExcelなどは、入門書から応用編まで多くの書籍が出ています。それらを活用すれば独学でも身につけることが可能です。
また、最近ではインターネット上でパソコン操作を学べるサイトや動画もあり、学習の参考にすることができます。
◆パソコン教室に通う
独学では難しいという場合は、パソコン教室に通うのも一つの方法です。
パソコン教室の場合はカリキュラムに沿った指導が行われるため、すでに知っている内容や自分は使わない機能について割愛することはできませんが、基礎から応用までしっかり学習したい人や専門的なスキルを身につけたい人にはおすすめです。

事務職で資格は必要?

事務職は資格よりも経験を求められることも多く、資格が絶対に必須というわけではありません。
しかし、資格があることで採用の際に有利となる可能性はあります。
また、資格取得を目指して学習することがスキルアップにもつながりますから、資格取得の努力は無駄になることはないでしょう。
事務職ではWordやExcelをはじめとするパソコンスキルが必要ですが、それらは様々な方法で身につけることができます。
自分に合う勉強法を見つけて、着実にスキルアップしていきましょう。

仕事に就くために有利な資格は?

事務職に役立つパソコンスキルの資格としては、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)が有名です。
Word・Excel・PowerPointなどのスキルを証明できる資格で、国際的な資格として知られています。
IT系スキルの資格の中でも知名度が高く、比較的取得もしやすいため、事務職を目指す人には適した資格であるといえます。