BLOG ブログ

ウイルス対策はどうしたら良いか?

ウイルス対策はどうしたら良いか?

ウイルス対策はどうしたら良いか?

パソコンを使用されてる方であれば、「コンピュータウイルス対策」の事は気にされてる事だと思います。
度々ニュース等で「フィッシング」「ハッキング」といった言葉を身にする方も多いと思います。
あなたのコンピュータの情報を盗み取るために、ハッキングのプログラムやウイルス、マルウェア(トロイの木馬、バックドア、ランサムウェア)をばら撒きハッカー達は悪巧みを考えています。
このような被害を引き起こすウイルスを、いち早く発見し駆除するのが「ウイルス対策ソフト」です。
そこで、この記事ではウイルスの脅威や種類、対策ソフトの役割や形態などを、わかりやすく解説します。

ウイルス対策の基本

ウイルスに感染すると、パソコンが壊れる可能性があるだけでなく、最悪の場合はスパムメールの大量送信、パソコンの中に入っている個人情報や連絡先、保存しているファイルの流出など、自分だけでなく周りの人たちに迷惑をかけてしまう危険性が高まります。
ウイルスに感染しないためにはどうすれば良いかをいくつかご紹介します。

OS(基本ソフト)・ソフトウェア(アプリ)を最新の状態にする

ウイルス対策は、つねに最新ウイルスとのいたちごっことなります。
そこで重要になるのが、OSやソフトウェアを最新の状態に保つということ。多くの場合、OSやソフトウェアのアップデートには、ウイルスなどの危険が入り込む可能性があるバグや不具合、設計上のミスといった“プログラム(あるいはセキュリティ)の脆弱性”の改善が含まれています。
何よりも重要なのが、OSやソフトウェアを最新の状態に更新し続けることと言えるでしょう。

期限切れや複数のセキュリティソフトをパソコンの中に放置しない

パソコンの中のファイルやプログラムを監視するセキュリティソフトは、他のセキュリティソフトと競合して不具合を起こさないようにどちらかの動作を止めてしまうことがあります。
セキュリティソフトを最新のものに更新するか、あるいはアンインストール(削除)して標準搭載されているセキュリティソフト「Windowsセキュリティ」を利用しましょう。

不審なメールや怪しいサイトは閲覧をしない

「送信元のアドレスに見覚えがない」「なんだか文章が不自然」等の不審なメールが届いた際は、開いて添付ファイルを開かないようしましょう。
又、違法ダウンロードサイトや無料ダウンロードサイトの広告等の不審なサイトを介して悪質なプログラムがばらまかれるケースは少なくありません。
たとえ閲覧してもダウンロードは慎重に行いましょう。

不審に思ったら必ずURL(アドレス)をチェックする

本物そっくりのデザインをしていても、URL(アドレス)を見ると一部違うなどの巧妙な手口が少なくありません。不審や疑問に感じたらURL(アドレス)を確認するようにしましょう。

確実に対策したいなら、セキュリティソフトを導入する

ウイルスなどのプログラムがパソコンに紛れ込んでいないかを監視したり、ウイルスを発見し情報を報告や駆除を行う「セキュリティソフト」を利用するとより安全にウイルス対策を行なえます。